コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日友 にちゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日友 にちゆう

1570-1619 織豊-江戸時代前期の僧。
元亀(げんき)元年生まれ。日蓮宗。日新について出家,下総(しもうさ)飯高(千葉県)の檀林(だんりん)でまなぶ。同檀林の化主(けしゅ)をへて元和(げんな)3年武蔵(むさし)池上(東京都)本門寺と鎌倉妙本寺両山15世となった。元和5年6月14日死去。50歳。上総(かずさ)(千葉県)出身。俗姓は大野。字(あざな)は通心。号は中正院。著作に「法華玄義捃釈」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日友の関連キーワードアジア・アフリカ語学院ハイレ・セラシエ1世五味式骨盤調整法ハンス モトロウ中日友好協会松村 謙三廖 承志孫 暁燕宋 日昊王 兆国片山 潜唐 家璇劉 徳有金 養建宋 健唐家璇何香凝王芸生劉希文パホン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日友の関連情報