日増し(読み)ヒマシ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐まし【日増し】

日がたつにつれて、物事の度合いが増すこと。「日増しに回復する」
食物が日数がたって古くなること。また、そのもの。「日増しの筍(たけのこ)」
「牛肉ばかりは、―はまっぴらサ」〈魯文安愚楽鍋

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひまし【日増し】

(多く「ひましに」の形で)日数がたつにつれて、その傾向・程度が強まること。 「 -に大きくなっていく柿の実」 「 -に暖かになる」
日数がたって古くなっていること。また、そのもの。 「 -のようかん」 「三年の恋とはきつい-也/柳多留 5

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android