コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漸く ヨウヤク

2件 の用語解説(漸くの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ようやく〔やうやく〕【漸く】

[副]
長い間待ち望んでいた事態が遂に実現するさま。やっとのことで。「戦争が終わり漸く平和になった」
苦労した結果、目標が達成できるさま。かろうじて。何とか。「迷ったすえに漸くたどりついた」
物事がしだいに進行して、ある状態になるさま。だんだん。
「人々は―に列を乱して」〈漱石・趣味の遺伝〉
ゆっくりと。おもむろに。
「―歩みて帰る」〈今昔・七・四四〉
[補説]「ややく」に「う」が加わったという説、「やくやく」の音変化とする説などがある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ようやく【漸く】

( 副 )
〔「ややく(稍)」または「やくやく(漸漸)」の転かという。漢文訓読に多く用いられた語〕
なかなか実現しなかったことが、待ち望んだ末に実現するさま。やっと。 「 -試験が終わった」 「 -のこと楽になる」
余裕はないが、なんとか実現するさま。かろうじて。やっとのことで。 「 -終電に間に合う」
時間がたつにつれて状態が少しずつ変化するさま。だんだん。しだいに。 「寒さも-ゆるんできた」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

漸くの関連情報