コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漸く ヨウヤク

デジタル大辞泉の解説

ようやく〔やうやく〕【漸く】

[副]
長い間待ち望んでいた事態が遂に実現するさま。やっとのことで。「戦争が終わり漸く平和になった」
苦労した結果、目標が達成できるさま。かろうじて。何とか。「迷ったすえに漸くたどりついた」
物事がしだいに進行して、ある状態になるさま。だんだん。
「人々は―に列を乱して」〈漱石・趣味の遺伝
ゆっくりと。おもむろに。
「―歩みて帰る」〈今昔・七・四四〉
[補説]「ややく」に「う」が加わったという説、「やくやく」の音変化とする説などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ようやく【漸く】

( 副 )
〔「ややく(稍)」または「やくやく(漸漸)」の転かという。漢文訓読に多く用いられた語〕
なかなか実現しなかったことが、待ち望んだ末に実現するさま。やっと。 「 -試験が終わった」 「 -のこと楽になる」
余裕はないが、なんとか実現するさま。かろうじて。やっとのことで。 「 -終電に間に合う」
時間がたつにつれて状態が少しずつ変化するさま。だんだん。しだいに。 「寒さも-ゆるんできた」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

漸くの関連キーワード水離れ・水放れ張大・張大せぐり来る北里柴三郎色定法師漢文訓読だんだん正気付く跳梁跋扈初めて平らぐ浸染入目満尾鋒鋩三才怠る物事臨む響む

漸くの関連情報