コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日奈久[温泉] ひなぐ

2件 の用語解説(日奈久[温泉]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

日奈久[温泉]【ひなぐ】

熊本県八代市,八代海に面する温泉。単純泉・弱食塩泉。45〜50℃。1395年発見と伝える古湯と,新湯があり,不知火(しらぬい)と温泉神社丑の日祭で有名。肥薩おれんじ鉄道が通じる。
→関連項目八代[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ひなぐ【日奈久[温泉]】

熊本県中部,八代市南部にある温泉。八代海に面し,天草諸島をのぞむ古くからの温泉である。単純泉,45~50℃。九州山地の断層崖下に位置し,熱源は日奈久断層帯に沿う流紋岩などの貫入岩と第三紀火成岩に起因するといわれる。1409年(応永16)浜田六郎左衛門が海中に湧出する温泉を発見したのが始まりとされる。江戸時代参勤交代路にあたり,1656年(明暦2)には熊本藩主の細川氏が浴舎を大改築し,藩営温泉として栄えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日奈久[温泉]の関連キーワード球磨川日奈久温泉八代市八代八代海宇城水俣八代宮有明海及び八代海の再生に関する基本方針肥薩おれんじ鉄道

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone