新湯(読み)アラユ

デジタル大辞泉の解説

あら‐ゆ【新湯】

沸かしたばかりで、まだ人が入っていない風呂。さらゆ。「新湯は年寄りにはだ」

さら‐ゆ【新湯/更湯】

沸かしたばかりで、まだだれも入らない風呂。あらゆ。「老人に―は毒だ」

しん‐ゆ【新湯】

沸かしたてで、まだ人が入っていない風呂。また、その。あらゆ。さらゆ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あら‐ゆ【新湯】

〘名〙 沸かしたての風呂。さらゆ。しんゆ。
※浮世草子・本朝二十不孝(1686)三「新湯(アラ)は人の身に毒なり」

さら‐ゆ【新湯】

〘名〙 沸かして、まだ誰も入らない風呂。あらゆ。しんゆ。
※評判記・役者目利講(1714)大坂「兄庄左殿には御病後、さら湯(ユ)は毒じゃによって跡ほどがよい」

しん‐ゆ【新湯】

〘名〙
① わかしたてで、まだ人のはいらない風呂。また、その湯。あらゆ。さらゆ。
② 新しく開いた浴場。
※随筆・守貞漫稿(1837‐53)二二「従来浴戸の外に新湯と称して浴戸を開く者往々有之」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android