コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日性 にっしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日性 にっしょう

1554-1614 織豊-江戸時代前期の学僧。
天文(てんぶん)23年生まれ。日蓮宗。天正(てんしょう)11年から京都建仁(けんにん)寺の経蔵で大蔵経を閲覧し,「大蔵纂要」などをまとめる。晩年は要法寺内に本智院をかまえ,要法寺版とよばれる古活字本の刊行事業にあたった。慶長19年2月26日死去。61歳。京都出身。俗姓は村田。字(あざな)は世雄。号は円智院,本地院。著作に「御書拾遺和語記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日性の関連キーワード佩・俳・廃・廢・憊・拜・拝・排・敗・杯・沛・牌・癈・盃・稗・肺・背・胚・輩・配ミラー(Arthur Miller)ファウスト(ロック・バンド)光周性(こうしゅうせい)ボイセン・イェンセンアクチュアリティアサガオ(朝顔)ドストエフスキーチェスタートンヘリオトロープクロック遺伝子イギリス文学ポインセチア植物ホルモン日長調節栽培短日植物太平記鈔三枝博音アサガオ遮光栽培

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日性の関連情報