コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日性 にっしょう

1件 の用語解説(日性の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日性 にっしょう

1554-1614 織豊-江戸時代前期の学僧。
天文(てんぶん)23年生まれ。日蓮宗。天正(てんしょう)11年から京都建仁(けんにん)寺の経蔵で大蔵経を閲覧し,「大蔵纂要」などをまとめる。晩年は要法寺内に本智院をかまえ,要法寺版とよばれる古活字本の刊行事業にあたった。慶長19年2月26日死去。61歳。京都出身。俗姓は村田。字(あざな)は世雄。号は円智院,本地院。著作に「御書拾遺和語記」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日性の関連キーワード角倉了以角倉了以角倉了以今川氏真角倉了以大坂の陣茶屋新四郎(初代)メスキータ前田利長昌徳宮

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日性の関連情報