日本テレコム[株](読み)にほんテレコム

百科事典マイペディア 「日本テレコム[株]」の意味・わかりやすい解説

日本テレコム[株]【にほんテレコム】

1986年設立JR系の長距離主体の新電電会社。事業内容は,電気通信事業で電話サービス,専用サービス,デジタルデータ伝送サービスおよび付帯事業。新幹線沿いに光ファイバー網を持ち,1992年全国展開を完了。別会社(J-フォン)で携帯電話進出。1997年10月日本国際通信(略称ITJ,1986年設立)と合併,国際から国内までの一貫したサービスを目指す。1999年8月イギリスBT社とアメリカAT&T社との戦略的資本提携を結んだ。2001年,英ボーダフォン傘下に入り,2002年には,持株会社日本テレコムホールディングスを設立,日本テレコムは固定電話事業会社として分社化され,2003年8月にリップルウッド・ホールディングスに買却された。日本テレコムホールディングスは,2003年12月ボーダフォンホールディングスに,2004年10月ボーダフォンに社名変更。移動体通信事業に特化。2004年7月,ソフトバンクが日本テレコムを買収,2006年ソフトバンクテレコム株式会社に社名変更。
→関連項目ソフトバンク[株]電話BTグループ[会社]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android