日本トップリーグ連携機構(読み)にほんとっぷりーぐれんけいきこう(英語表記)Japan Top League

知恵蔵の解説

日本トップリーグ連携機構

ボールゲームのトップリーグを束ねる組織で、2005年5月に発足。会長には森喜朗日本体育協会会長が就任。参加団体は、なでしこリーグ(女子サッカー)、JBL(男子バスケットボール)、WJBL(女子同)、Vリーグ(バレーボール)、ジャパンラグビートップリーグ、ソフトボール日本リーグ、アイスホッケー・アジアリーグ、ハンドボール日本リーグ、ホッケー日本リーグの8競技9リーグ。この機構の目的は、競技の垣根を越えて連携することで、個々のリーグでは達成できない事業を協力して実現すると共に、リーグ間に共通のプラットフォームを持つことで、情報の共有や共創、リーグ運営の発展と改善を図ることにある。06年度の事業計画として、(1)国際競技力の向上(コーチ会議開催、国際情報収集・発信)、(2)リーグ活性化(共同広告、観戦者調査、施設の共同利用、新人・審判研修会、国際貢献活動)、(3)総合型地域スポーツクラブ支援事業、(4)選手のキャリア支援、(5)toto販売支援、などを予定。目標は、05年にJOCが掲げた、新ゴールドプランの活動とも深く関わっており、今後の動きが注目される。

(原田宗彦 早稲田大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本トップリーグ連携機構の関連情報