コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本国有鉄道改革法 にほんこくゆうてつどうかいかくほう

1件 の用語解説(日本国有鉄道改革法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本国有鉄道改革法
にほんこくゆうてつどうかいかくほう

昭和 61年法律 87号。いわゆる国鉄改革,つまり従来の日本国有鉄道 (国鉄) が経営していた鉄道事業その他の事業に関し,効率的な経営体制を確立するため,経営形態を中心として,基本事項を定めた法律。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本国有鉄道改革法の関連キーワードいわゆる脱法ドラッグ所謂煽動罪いわゆるひとつのチョーさん主義う(齲)食瘙痒森林組合加入者面積いわゆる債権法少年法61条《平等のためのいわゆるバブーフの陰謀》

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone