コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本基礎技術 にほんきそぎじゅつ

2件 の用語解説(日本基礎技術の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本基礎技術
にほんきそぎじゅつ

地盤改良など基礎工事の専業大手。 1953年日本グラウト工業として設立。 85年新技術開発と合併し現社名に変更。設立当初はため池干拓堤防の改良など農林土木を中心としていたが,やがてボーリンググラウチングなど特殊技術によるダムの補強工事,治山治水および上下水道工事における地盤改良工事で業績を伸ばした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

日本基礎技術

正式社名「日本基礎技術株式会社」。英文社名「JAPAN FOUNDATION ENGINEERING CO., LTD.」。建設業。昭和28年(1953)設立。本社は大阪市北区松ケ枝町。基礎工事会社。地盤改良工事・地盤補強工事・環境保全工事を手がける。建設コンサルティング地質調査も行う。東京証券取引所第1部上場。証券コード1914。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本基礎技術の関連キーワードATSアルバック応用技術ジャパンパイル角藤NTTアドバンステクノロジエアーニッポン国土防災技術中電プラント東洋テクノ

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本基礎技術の関連情報