日本電池(読み)にっぽんでんち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蓄電池の製造・販売会社。島津製作所の蓄電池工場を母体に 1917年設立。1895年に日本で最初に鉛蓄電池を製造した島津源蔵頭文字である「GS」を 1908年から商標として使用。1919年自動車用鉛蓄電池の生産開始。1929年鉛粉塗料(→大日本塗料),1937年日本輸送機を設立。1933年ガラス製水銀整流器,1938年アルカリ蓄電池の生産開始。戦後タイ,インドネシアアメリカ合衆国などに生産・販売拠点を設ける。1993年角型リチウムイオン電池を開発。2004年ユアサコーポレーションとともに株式移転による共同持株会社ジーエス・ユアサコーポレーションを設立,完全子会社となる。2006年ユアサコーポレーションを吸収合併しジーエス・ユアサインダストリーとなった。2007年ジーエス・ユアサコーポレーション傘下のジーエス・ユアサパワーサプライに吸収される。2010年ジーエス・ユアサパワーサプライに主要な事業会社が集約され,GSユアサが発足。蓄電池のほかに,ハイブリッド車や電気自動車用のリチウムイオン電池の製造・販売,産業用蓄電池システムの開発を手がける。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android