コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本韻文論 にほんいんぶんろん

世界大百科事典 第2版の解説

にほんいんぶんろん【日本韻文論】

山田美妙詩論。1890年(明治23)10月から翌91年1月まで《国民之友》に計8回掲載。日本韻文の発達のために新しい韻格を制定しようとしたもので,美妙の改良主義が最も精緻に発揮された論。第1編第1章〈散文と韻文の区別〉から始まり,第2編第3章〈十四韻律の各性質〉までで,以下中絶。この美妙の論はあまりに詩の本質を韻律(節奏)に求めすぎていたため,石橋忍月や内田不知庵(魯庵)さらには森鷗外らの批判を呼んだ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本韻文論の関連キーワード社会民主党(ドイツ)ドイツ映画ビゴー明治維新改良主義実験映画造船業電話山県有朋ロサンゼルス・ドジャース

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android