コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日法 にっぽう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日法 にっぽう

1259-1341 鎌倉-南北朝時代の僧。
正元(しょうげん)元年生まれ。日蓮に師事し,のち甲斐(かい)(山梨県),駿河(するが)(静岡県)を中心に教えをひろめた。彫刻をよくし,武蔵(むさし)池上本門寺(東京都)の日蓮像を制作したといわれる。暦応(りゃくおう)4=興国2年1月5日死去。83歳。俗名は徳永光長。通称は和泉阿闍梨(いずみあじゃり)。号は円性房。著作に「連々御法門聞書」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日法の関連キーワードネーゲリの法則(出産予定日)国民の祝日に関する法律自動車損害賠償保障法桂 万光(2代目)ロード・エーブリーゴールデンウィークフランス共和国憲法改正道路交通法「法の日」週間サービスマーク秋の大型連休守澄入道親王あす昭和の日後七日御修法石尾 芳久休暇分散化みどりの日国民の休日人間ドック埴原 正直

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日法の関連情報