コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日源 にちげん

1件 の用語解説(日源の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日源 にちげん

?-1315 鎌倉時代の僧。
日蓮宗。播磨(はりま)法印と称し駿河(するが)(静岡県)の天台宗実相寺の学頭であったが,日蓮の講義をきいて弘安(こうあん)元年改宗,改名。のち実相寺を日蓮宗にあらためてその開山(かいさん)となり,また武蔵(むさし)碑文谷(ひもんや)(東京都)の法華(ほっけ)寺などをひらいた。正和(しょうわ)4年9月13日死去。字(あざな)は智海。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日源の関連キーワード西園寺公衡西園寺公衡大泉町の外国人エボラ出血熱タウラー大仏維貞梶原性全金沢貞冬金沢貞将九条道教

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日源の関連情報