コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日源 にちげん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日源 にちげん

?-1315 鎌倉時代の僧。
日蓮宗。播磨(はりま)法印と称し駿河(するが)(静岡県)の天台宗実相寺の学頭であったが,日蓮の講義をきいて弘安(こうあん)元年改宗,改名。のち実相寺を日蓮宗にあらためてその開山(かいさん)となり,また武蔵(むさし)碑文谷(ひもんや)(東京都)の法華(ほっけ)寺などをひらいた。正和(しょうわ)4年9月13日死去。字(あざな)は智海

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日源の関連キーワード天王寺(東京都)八女手漉き和紙筑後手漉き和紙新古今和歌集宇治川の戦い八女手漉和紙明烏(落語)伊豆山神社土佐房昌俊円恵法親王今井兼平江島神社平田家継鎌倉時代泉忠衡妻溝口紙鳥海柵出で来源実朝僧霞山

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日源の関連情報