コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日相(2) にっそう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日相(2) にっそう

1689*-1757* 江戸時代中期の僧。
元禄(げんろく)元年12月12日生まれ。日蓮宗越後(えちご)本成寺の日延に師事し,山城(京都府)小栗栖(おぐるす)の檀林などでまなぶ。相模(さがみ)三沢(みつざわ)檀林の設立につとめ,享保(きょうほう)18年越中本法寺の住持となる。日陣門流の学僧として知られる。宝暦6年12月23日死去。69歳。越後(新潟県)出身。俗姓は桐沢。字(あざな)は光円。号は本有院。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日相(2)の関連キーワードインノケンティウスクルムス義山理忠ハノーバー市庁舎サンバージーアレクサンデル8世イギリス・フランス植民地戦争井原西鶴シュパイエル中ロ関係

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android