コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日祐(1) にちゆう

1件 の用語解説(日祐(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日祐(1) にちゆう

1298-1374 鎌倉-南北朝時代の僧。
永仁(えいにん)6年生まれ。日蓮宗下総(しもうさ)中山(千葉県)の法華経寺の日高に師事し,正和(しょうわ)3年同寺をつぐ。義父千葉胤貞(たねさだ)の援助をえて,経済基盤の確立,日蓮遺文の収集,堂舎の造営などにつとめた。応安7=文中3年5月19日死去。77歳。俗姓は千葉。通称は大輔公。号は浄行院。著作に「問答肝要鈔」「宗体決疑抄」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日祐(1)の関連キーワード世尊寺伊俊大覚寺統向阿姉小路高基雲山智越定山祖禅檀渓心凉道玄(2)東伝士啓良暁(2)

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone