コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日祐(1) にちゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日祐(1) にちゆう

1298-1374 鎌倉-南北朝時代の僧。
永仁(えいにん)6年生まれ。日蓮宗。下総(しもうさ)中山(千葉県)の法華経寺の日高に師事し,正和(しょうわ)3年同寺をつぐ。義父千葉胤貞(たねさだ)の援助をえて,経済基盤の確立,日蓮遺文の収集,堂舎の造営などにつとめた。応安7=文中3年5月19日死去。77歳。俗姓は千葉。通称は大輔公。号は浄行院。著作に「問答肝要鈔」「宗体決疑抄」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日祐(1)の関連キーワード南北朝時代永仁

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android