コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日祐(1) にちゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日祐(1) にちゆう

1298-1374 鎌倉-南北朝時代の僧。
永仁(えいにん)6年生まれ。日蓮宗。下総(しもうさ)中山(千葉県)の法華経寺の日高に師事し,正和(しょうわ)3年同寺をつぐ。義父千葉胤貞(たねさだ)の援助をえて,経済基盤の確立,日蓮遺文の収集,堂舎の造営などにつとめた。応安7=文中3年5月19日死去。77歳。俗姓は千葉。通称は大輔公。号は浄行院。著作に「問答肝要鈔」「宗体決疑抄」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日祐(1)の関連キーワード南北朝時代永仁

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android