定山祖禅(読み)じょうざん そぜん

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「定山祖禅」の解説

定山祖禅 じょうざん-そぜん

1298-1374 鎌倉-南北朝時代の
永仁(えいにん)6年生まれ。臨済(りんざい)。京都東福寺の双峰宗源に師事し,その法をつぐ。筑前(ちくぜん)(福岡県)の承天寺,京都の東福寺,南禅寺などの住持をつとめた。応安7=文中3年11月26日死去。77歳。相模(さがみ)(神奈川県)出身。著作に「続釈書」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android