日給月給(読み)ニッキュウゲッキュウ

デジタル大辞泉の解説

にっきゅう‐げっきゅう〔ニツキフゲツキフ〕【日給月給】

賃金を月額で定め、就業しなかった日数の分だけ差し引いて支払う方式。
賃金日額で定め、1か月間に就業した日数を乗じて、毎月一定の期日に支払う方式

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

日給月給【にっきゅうげっきゅう】

賃金は月額で定められているが,欠勤した場合にはその日数分だけ日割で差し引く賃金支払方法。第2次大戦後,工場労働者にも月給制が適用されるようになったが,その内容はこの形のものが多かった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

にっきゅうげっきゅう【日給月給】

基本給を月額で定め、欠勤日数分を差し引いて支払う月給。また、日給を一か月単位で合算して支払う給与。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

にっきゅう‐げっきゅう ニッキフゲッキフ【日給月給】

〘名〙
① 賃金をあらかじめ月額で定め、欠勤その他労働しない日数分だけ差し引く支払方法。
※欲望の媒体(1962)〈邦光史郎〉一「彼はいまだに日給月給なのだ」
② 賃金を日額で定め、欠勤や休日にかかわらず、それに月間暦日数をかけて支給する方法。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日給月給の関連情報