日給月給(読み)ニッキュウゲッキュウ

デジタル大辞泉の解説

にっきゅう‐げっきゅう〔ニツキフゲツキフ〕【日給月給】

賃金を月額で定め、就業しなかった日数の分だけ差し引いて支払う方式。
賃金日額で定め、1か月間に就業した日数を乗じて、毎月一定の期日に支払う方式

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

日給月給【にっきゅうげっきゅう】

賃金は月額で定められているが,欠勤した場合にはその日数分だけ日割で差し引く賃金支払方法。第2次大戦後,工場労働者にも月給制が適用されるようになったが,その内容はこの形のものが多かった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

にっきゅうげっきゅう【日給月給】

基本給を月額で定め、欠勤日数分を差し引いて支払う月給。また、日給を一か月単位で合算して支払う給与。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android