コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日置桜(ひおきざくら)

デジタル大辞泉プラスの解説

日置桜(ひおきざくら)

鳥取県、有限会社山根酒造場の製造する日本酒。平成21酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞受賞

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

ひおきざくら【日置桜】

鳥取の日本酒。酒名は、所在地旧称を日置郷といい、桜の名木があったことに由来。栽培が途絶えていた鳥取原産の酒米・強力を復活させ、「強力純米大吟醸」、純米吟醸酒「伝承強力」などで使用。純米大吟醸酒、大吟醸酒、純米吟醸酒、純米酒、本醸造酒をそろえる。平成10、13、14年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は強力、山田錦玉栄など。仕込み水は鳥取市気高町の湧水「布施の清水」。蔵元の「山根酒造場」は明治20年(1887)創業。所在地は鳥取市青谷町大坪。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

日置桜(ひおきざくら)の関連キーワード鳥取県鳥取市青谷町大坪日置桜酒造資料館鳥取県

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android