コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日義尼 にちぎに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日義尼 にちぎに

?-1298 鎌倉時代の尼僧。
日蓮宗。駿河(するが)(静岡県)の波木井実長(はきい-さねなが)の後妻となり,夫の死後出家して,郷里の陸奥(むつ)伊具(いぐ)郡(宮城県)に妙立寺を創建した。実長の養女で,執権北条経時の寵(ちょう)をうけたという説もある。永仁(えいにん)6年4月12日死去。俗姓は中森。字(あざな)は妙円。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

日義尼

没年:永仁6(1298)
生年:生年不詳
鎌倉中期の日蓮宗信者。妙円院と号す。陸奥国伊具郡(宮城県)中森安芸守の娘で駿河国(静岡県)村岡民部大輔の妻となる。承久の乱(1221)で夫が戦死し,のち執権北条氏の一族で日蓮の外護者であった駿河国身延山地頭波木井(南部氏)六郎実長の後妻となった。一説に実長の養女となり,北条経時の寵を受けたともいう。永仁5(1297)年に夫の実長が没すると剃髪出家して陸奥に帰り,正安1(1299)年実長(妙円院日円)を開基として一寺を建立して妙立寺と号した。<参考文献>日潮『本化別頭仏祖統紀』『宮城県史』

(西口順子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

日義尼の関連キーワードアドルフ・フォン・ナッサウ後伏見天皇日蓮宗後伏見天皇尊円法親王白雲慧暁伏見天皇本門寺後伏見天皇帝王編年記

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android