コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白雲慧暁 はくうんえぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白雲慧暁
はくうんえぎょう

[生]? 讃岐
[没]永仁5(1297).12.25.
鎌倉時代の臨済宗の僧。初め比叡山に登り,『法華玄義』などを学び,17歳で得度した。文永3 (1266) 年宋に渡って禅を学び,帰国後に東福寺第4世となった。語録2巻がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白雲慧暁 はくうん-えぎょう

1223-1298* 鎌倉時代の僧。
貞応(じょうおう)2年生まれ。臨済(りんざい)宗。比叡(ひえい)山で天台教学,京都泉涌(せんにゅう)寺で戒律をまなぶ。京都東福寺の円爾(えんに)に師事し,文永3年(1266)宋(そう)(中国)にわたる。のち円爾の法をつぎ,東福寺の住持となった。永仁(えいにん)5年12月25日死去。75歳。讃岐(さぬき)(香川県)出身。諡号(しごう)は仏照禅師。著作に「仏照禅師語録」「由迷能起(ゆめのき)」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

白雲慧暁

没年:永仁5.12.25(1298.2.7)
生年:貞応2(1223)
鎌倉時代の臨済宗の僧。讃岐(香川県)の人。諡号は仏照禅師,別に隠谷子とも号す。東福寺第4世。はじめ比叡山で天台を学び,25歳で京都東山の泉涌寺に入り律宗の僧侶となる。のち円爾に参じて禅宗に帰投した。8年間の修行を経て,39歳のときに入宋した。当地にて大悟し,帰国して円爾の法を嗣いだ。九条忠教に招かれて東福寺の住持となったのは正応5(1292)年。永仁1(1293)年に退いて洛北に 栗棘庵を結ぶ。この庵名から,白雲の一門は栗棘門派と呼ばれる。円爾の示寂直前に進んで伝法灌頂を受けるなど,密教護持にも熱心であった。<著作>『仏照禅師語録』『由迷能起』

(石井清純)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

白雲慧暁の関連キーワード円爾弁円谷翁道空慧暁

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android