コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白雲慧暁 はくうんえぎょう

4件 の用語解説(白雲慧暁の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白雲慧暁
はくうんえぎょう

[生]? 讃岐
[没]永仁5(1297).12.25.
鎌倉時代臨済宗の僧。初め比叡山に登り,『法華玄義』などを学び,17歳で得度した。文永3 (1266) 年宋に渡って禅を学び,帰国後に東福寺第4世となった。語録2巻がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はくうん‐えぎょう〔‐ヱゲウ〕【白雲慧暁】

[1223~1297]鎌倉中期の臨済宗の僧。讚岐(さぬき)の人。勅諡号(ちょくしごう)、仏照禅師。初め比叡山に学び、のち泉涌寺で戒律を学ぶ。文永3年(1266)渡宋、帰国後、東福寺4世を継いだ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白雲慧暁 はくうん-えぎょう

1223-1298* 鎌倉時代の僧。
貞応(じょうおう)2年生まれ。臨済(りんざい)宗。比叡(ひえい)山で天台教学,京都泉涌(せんにゅう)寺で戒律をまなぶ。京都東福寺の円爾(えんに)に師事し,文永3年(1266)宋(そう)(中国)にわたる。のち円爾の法をつぎ,東福寺の住持となった。永仁(えいにん)5年12月25日死去。75歳。讃岐(さぬき)(香川県)出身。諡号(しごう)は仏照禅師。著作に「仏照禅師語録」「由迷能起(ゆめのき)」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

白雲慧暁

没年:永仁5.12.25(1298.2.7)
生年:貞応2(1223)
鎌倉時代の臨済宗の僧。讃岐(香川県)の人。諡号は仏照禅師,別に隠谷子とも号す。東福寺第4世。はじめ比叡山で天台を学び,25歳で京都東山の泉涌寺に入り律宗の僧侶となる。のち円爾に参じて禅宗に帰投した。8年間の修行を経て,39歳のときに入宋した。当地にて大悟し,帰国して円爾の法を嗣いだ。九条忠教に招かれて東福寺の住持となったのは正応5(1292)年。永仁1(1293)年に退いて洛北に 栗棘庵を結ぶ。この庵名から,白雲の一門は栗棘門派と呼ばれる。円爾の示寂直前に進んで伝法灌頂を受けるなど,密教護持にも熱心であった。<著作>『仏照禅師語録』『由迷能起』

(石井清純)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白雲慧暁の関連キーワード正韵淡海昌敬宙外玄杲東海宗朝乃山独麟福島慶道愚堂宗哲広叔元運圜悟克勤済家