日葉酢媛陵(読み)ひばすひめりょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

垂仁(すいにん)天皇の皇后日葉酢媛命(みこと)の狭木之寺間陵(さきのてらまのみささぎ)。その所在は長く不明であったが、1875年(明治8)奈良市山陵町の御陵山(みささぎやま)に治定された。墳丘長207メートルの前方後円墳で、雄大な佐紀盾列(さきたたなみ)古墳群の一角をなす。神功(じんぐう)皇后陵にあてられたこともある。後円部墳頂の平坦(へいたん)面中央にある長大な竪穴(たてあな)式石室は、短側壁に方孔のある磐石(ばんせき)を立てるなど特殊な構造である。石室を囲んで一辺約16メートルの方形に石垣が築かれ、その内側を盛り土で封じ、頂に屋根形石をのせ、外側に埴輪(はにわ)を立て並べる。石室内から仿製(ぼうせい)鏡三面以上、車輪石・石釧(いしくしろ)・鍬形(くわがた)石・刀子(とうす)・斧(おの)・高坏(たかつき)・椅子(いす)・合子蓋(ごうすぶた)・臼(うす)・貝形・琴柱(ことじ)形などの碧玉(へきぎょく)製品が、石室外から蓋(きぬがさ)、盾などの埴輪が出土。代表的な前期古墳の一つ。野見宿禰(のみのすくね)の献策で人身御供(ひとみごくう)にかえて埴輪を初めて立てたという『日本書紀』の説話でも有名。

[笠野 毅]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

奈良市山陵(みささぎ)町に所在する前方後円墳。全長二〇七メートル。垂仁天皇の皇后、日葉酢媛の陵に比定されている。殉死者の代替としての埴輪起源伝説をもつ。大正四年(一九一五)盗掘され、その際、後円部の竪穴式石室から内行花文鏡・方格規矩鏡の他、石釧(いしくしろ)・鍬形石などが出土したといわれている。狭木之寺間陵(さきのてらまのみささぎ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android