コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日葉酢媛陵 ひばすひめりょう

大辞林 第三版の解説

ひばすひめりょう【日葉酢媛陵】

奈良市山陵町にある前方後円墳。垂仁天皇の皇后日葉酢媛の陵に比定されている。直弧文のある盾・蓋きぬがさの形の埴輪はにわが出土。また、殉死者に代わる埴輪の起源説話でも知られる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日葉酢媛陵
ひばすひめりょう

垂仁(すいにん)天皇の皇后日葉酢媛命(みこと)の狭木之寺間陵(さきのてらまのみささぎ)。その所在は長く不明であったが、1875年(明治8)奈良市山陵町の御陵山(みささぎやま)に治定された。墳丘長207メートルの前方後円墳で、雄大な佐紀盾列(さきたたなみ)古墳群の一角をなす。神功(じんぐう)皇后陵にあてられたこともある。後円部墳頂の平坦(へいたん)面中央にある長大な竪穴(たてあな)式石室は、短側壁に方孔のある磐石(ばんせき)を立てるなど特殊な構造である。石室を囲んで一辺約16メートルの方形に石垣が築かれ、その内側を盛り土で封じ、頂に屋根形石をのせ、外側に埴輪(はにわ)を立て並べる。石室内から(ぼうせい)鏡三面以上、車輪石・石釧(いしくしろ)・鍬形(くわがた)石・刀子(とうす)・斧(おの)・高坏(たかつき)・椅子(いす)・合子蓋(ごうすぶた)・臼(うす)・貝形・琴柱(ことじ)形などの碧玉(へきぎょく)製品が、石室外から蓋(きぬがさ)、盾などの埴輪が出土。代表的な前期古墳の一つ。野見宿禰(のみのすくね)の献策で人身御供(ひとみごくう)にかえて埴輪を初めて立てたという『日本書紀』の説話でも有名。[笠野 毅]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

日葉酢媛陵の関連キーワード前方後円墳垂仁天皇直弧文出土埴輪

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android