コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍬形石 くわがたいし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鍬形石
くわがたいし

古墳時代の腕飾りの一種碧玉製で,形がに似ていることからこの名があり,宝器の一種とされている。形は巻貝を縦に切った貝輪の形を碧玉に模したものである。古墳時代の前期から中期の初めのもので,出土地域は近畿地方が主であり,中部地方や東九州などの出土もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くわがた‐いし〔くはがた‐〕【×鍬形石】

古墳時代の腕飾り。碧玉(へきぎょく)製で、鍬の刃の形に似る。権威の象徴あるいは宝器と推定され、西日本の古墳にみられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

鍬形石【くわがたいし】

古墳時代の碧玉(へきぎょく)製腕飾の一種。形が鍬に似ているため,この名がある。卵形の大きな穴があり,巻貝のゴホウラを縦切りにした貝輪から,このような形が生まれたと思われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くわがたいし【鍬形石】

古墳時代の碧玉製腕飾の一種。江戸時代の収集家が,形が鍬に似ているとみて,鍬形石とか,狐の鍬石とかよびだしたのが,そのまま現在にいたった。不整卵形の環体の一端を,とくに扁平にひろがった形に作っているので,鍬の刃を連想したのであろう。しかしこの形は,南海産のゴホウラなどの大型の巻貝を縦に切って,貝輪を作った場合に自然に生ずるもので,弥生時代に男性の腕飾として用いはじめた巻貝製の貝輪の形を,そのまま碧玉にうつしたものが鍬形石になったのである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

くわがたいし【鍬形石】

古墳時代前期に用いられた、碧玉へきぎよく製の台形の腕輪。上半部に楕円形の穴があり、下半部は扁平へんぺいな鍬の刃の形をしている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鍬形石
くわがたいし

日本の古墳時代前期につくられた石製腕輪形宝器の一種。一見、農具の鍬の先に似ているところがあるため江戸時代にこの名がつけられたが、誤解を与えやすく、適切な名称ではない。鍬形石は、南海産の巻き貝であるゴホウラを加工してつくった貝輪を、碧玉(へきぎょく)、緑色凝灰岩などの石材を使って模造したもので、初期の近畿政権の手によって製作され、各地の首長に対し同盟ないし服属関係の証(あかし)として配布されたものと考えられる。したがって、車輪石や石釧(いしくしろ)と同様の性格をもったものといえるが、分布はこれらのなかではもっとも狭く、畿内(きない)を中心に東は石川県、岐阜県、愛知県にかけて、西は大分県までの諸古墳から発見されている。初期の鍬形石はゴホウラ製貝輪の形をかなり忠実に模してつくられているが、しだいに祖形から離れた形状となり、ついには左右対称、表裏同形のものへと変化した。車輪石とともにほぼ4世紀代につくられたものと考えてよい。[渡辺貞幸]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鍬形石の関連キーワード瓢箪山古墳〈滋賀県〉佐味田宝塚古墳佐紀盾列古墳群和泉黄金塚古墳百舌鳥古墳群津堂城山古墳金蔵山古墳松岳山古墳茶臼山古墳黄金塚古墳瓢箪山古墳雪野山古墳紫金山古墳巣山古墳乳岡古墳石山古墳長塚古墳新山古墳石製品楕円形

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android