コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日蓮上人註画讃 にちれんしょうにんちゅうがさん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日蓮上人註画讃
にちれんしょうにんちゅうがさん

絵巻。5巻。京都・本圀寺(ほんこくじ)蔵。単に「註画讃」ともいう。室町時代の作。日蓮上人の伝記を描いたもので、第1巻の序文によれば、上人の高徳をたたえるためにその伝記を描き、注を加えたもの。誕生から入滅まで一代の聖跡が32項の項目をたてて表され、詞(ことば)は漢文で書かれている点、他にあまり例をみない。奥書により天文(てんぶん)5年(1536)若狭(わかさ)国(福井県)長源寺において、安立院権大僧都(ごんのだいそうず)日政(にっせい)が勧進して画工窪田統泰(くぼたむねやす)に描かせたとわかる。絵は土佐派風に漢画の手法を交えた画風で、綿密な描写に華やかな色彩を用いる。[村重 寧]
『岩橋春樹・山田泰弘編『日蓮聖人註画讃』(1981・角川書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

日蓮上人註画讃の関連キーワード日蓮聖人註画讃窪田統泰日澄

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android