コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日謙 にちけん

2件 の用語解説(日謙の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

日謙

江戸中・後期の日蓮宗の僧。大坂生。日野氏出身。字は道光、日謙は諱。本国寺日領上人について修業し、出雲国報恩寺の住職を務める。詩文を細合斗南に学び、六如上人・村瀬栲亭西山拙斎・菅茶山らと詩酒徴逐した。文政12年(1829)寂、84才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日謙 にちけん

1746-1829 江戸時代中期-後期の僧。
延享3年生まれ。日蓮宗。京都本圀寺の日領に師事し,鷹峰(たかがみね)檀林(だんりん)でまなぶ。出雲(いずも)(島根県)報恩寺の住職となり,のち同寺に聴松庵をたてて退隠した。詩を細合斗南にまなび,菅茶山(かん-ちゃざん),村瀬栲亭(こうてい)らと親交があった。文政12年5月8日死去。84歳。大坂出身。俗姓は日野。字(あざな)は道光。号は慈譲院。詩集に「聴松庵詩鈔」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone