日謙(読み)にちけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日謙 にちけん

1746-1829 江戸時代中期-後期の僧。
延享3年生まれ。日蓮宗。京都本圀寺の日領に師事し,鷹峰(たかがみね)檀林(だんりん)でまなぶ。出雲(いずも)(島根県)報恩寺の住職となり,のち同寺に聴松庵をたてて退隠した。詩を細合斗南にまなび,菅茶山(かん-ちゃざん),村瀬栲亭(こうてい)らと親交があった。文政12年5月8日死去。84歳。大坂出身。俗姓は日野。字(あざな)は道光。号は慈譲院。詩集に「聴松庵詩鈔」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日謙の関連情報