コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日謙 にちけん

2件 の用語解説(日謙の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

日謙

江戸中・後期の日蓮宗の僧。大坂生。日野氏出身。字は道光、日謙は諱。本国寺日領上人について修業し、出雲国報恩寺の住職を務める。詩文を細合斗南に学び、六如上人・村瀬栲亭西山拙斎・菅茶山らと詩酒徴逐した。文政12年(1829)寂、84才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日謙 にちけん

1746-1829 江戸時代中期-後期の僧。
延享3年生まれ。日蓮宗。京都本圀寺の日領に師事し,鷹峰(たかがみね)檀林(だんりん)でまなぶ。出雲(いずも)(島根県)報恩寺の住職となり,のち同寺に聴松庵をたてて退隠した。詩を細合斗南にまなび,菅茶山(かん-ちゃざん),村瀬栲亭(こうてい)らと親交があった。文政12年5月8日死去。84歳。大坂出身。俗姓は日野。字(あざな)は道光。号は慈譲院。詩集に「聴松庵詩鈔」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日謙の関連キーワード河井守清岸貞江交寛美小島必端薩摩屋道舟三鍼嶋正祥樗雲徳川重倫西川一四

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone