コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

報恩寺 ホウオンジ

2件 の用語解説(報恩寺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほうおん‐じ【報恩寺】

青森県弘前市にある天台宗の寺。山号は一輪山。開創は明暦2年(1656)。開山は本好。開基は津軽信政。歴代津軽藩主の菩提寺
岩手県盛岡市にある曹洞宗の寺。山号は瑞鳩峰山。室町前期、通山長徹を開山として柏崎で開創。開基は南部守行。慶長4年(1599)現在地に移転。江戸時代には南部領内の寺院を統轄。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

報恩寺
ほうおんじ

岩手県盛岡市名須川(なすかわ)町にある曹洞(そうとう)宗の寺。山号は瑞鳩峰山(ずいきゅうほうざん)。本尊は釈迦如来(しゃかにょらい)。貞治(じょうじ)年間(1362~1368)に新潟県柏崎(かしわざき)市香積寺6世通山長徹(つうざんちょうてつ)を開山として創建された。初め越後(えちご)(新潟県)にあったが、1599年(慶長4)現在の地に移され、南部領内208か寺の僧録司(そうろくし)として栄えた。1940年(昭和15)からは専門僧堂となった。本尊釈迦牟尼(むに)仏、脇侍(きょうじ)の文殊(もんじゅ)・普賢(ふげん)像は聖徳太子の作と伝えられる。五百羅漢(らかん)堂内の盧遮那仏(るしゃなぶつ)は大和(やまと)(奈良県)橘(たちばな)寺にあったもの、脇侍の八歳童女・善財(ぜんざい)童子は朝鮮渡来のものといわれ、周りに並ぶ木造五百羅漢像は享保(きょうほう)年中(1716~1736)京都の仏師駒野丹下(こまのたんげ)らの作とされ、市内観光の名所となっている。[菅沼 晃]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

報恩寺の関連キーワード常楽寺本山寺弘前医療福祉大学弘前学院大学杉本寺西蓮寺神武寺密蔵院ひろさき弘前ガス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

報恩寺の関連情報