日賢(読み)にちけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日賢 にちけん

1243-1338 鎌倉-南北朝時代の僧。
寛元元年生まれ。幼時より日蓮に師事し,日蓮の死後はその塔をまもる。永仁(えいにん)のころ日源の招きで武蔵(むさし)碑文谷(ひもんや)(東京都)の法華(ほっけ)寺,正和(しょうわ)年間駿河(するが)(静岡県)海上寺(のちの海長寺)にうつり,教線の拡大につとめた。建武(けんむ)5=延元3年3月17日死去。96歳。駿河出身。通称は淡路阿闍梨(あわじあじゃり)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日賢の関連情報