コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日野資長 ひの すけなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日野資長 ひの-すけなが

1119-1195 平安時代後期の公卿(くぎょう)。
元永2年生まれ。日野実光の次男。母は高階重仲(たかしなの-しげなか)の娘。永暦(えいりゃく)元年(1160)参議となり,のち権(ごんの)中納言,民部卿。正二位。63歳で念願の出家をとげた際,九条兼実から末代の幸人と評される。日野民部卿,日野入道とよばれた。建久6年10月6日死去。77歳。日記に「資長卿記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日野資長の関連キーワード藤原資長日野兼光源季兼

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android