士別(読み)しべつ

精選版 日本国語大辞典「士別」の解説

しべつ【士別】

北海道北部の地名天塩(てしお)川の上流域にあり、明治三二年(一八九九)、屯田兵約一〇〇戸が入植し、本格的な開拓が始められた。稲作酪農のほか、サトウダイコンの栽培、製糖工業が盛ん。寒冷な気候を利用して、耐寒試験を行なう企業も多い。昭和二九年(一九五四市制

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android