コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高階重仲 たかしなの しげなか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高階重仲 たかしなの-しげなか

1069-1120 平安時代後期の官吏。
延久元年生まれ。蔵人(くろうど),出雲守(いずものかみ)などをへて元永2年近江守(おうみのかみ)となる。藤原師通(もろみち)・忠実(ただざね)父子の家司(けいし)をつとめた。保安(ほうあん)元年9月26日死去。52歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

高階重仲

没年:保安1.9.25(1120.10.19)
生年延久1(1069)
平安後期の貴族。伊予守高階泰仲の長男。堀河天皇の蔵人,左近将監を経て,出雲守となる。さらに,元永2(1119)年,父泰仲の申請により,近江守となるが,任中に没した。

(上杉和彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

高階重仲の関連キーワード藤原是憲藤原俊憲藤原資長日野資長没年静賢信西澄憲

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android