コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春日版 カスガバン

5件 の用語解説(春日版の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かすが‐ばん【春日版】

平安末期から鎌倉期にかけて、奈良の興福寺で刊行された経典類。春日神社に奉献されたものが多いところからいう。
広く、奈良の諸寺で開板された版本の総称。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

春日版【かすがばん】

平安末期〜鎌倉時代興福寺(藤原氏の氏寺)を中心に奈良の諸大寺から刊行された経典の総称。春日版の名は明治以後に唱えられたもので,興福寺で刊行されたものが春日大社(藤原氏の氏神)に奉献されたためこの名が生じたという。
→関連項目高野版奈良版

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かすがばん【春日版】

平安時代後半から鎌倉時代全期にわたって,藤原氏の氏寺(うじでら)である興福寺を中心に奈良の諸大寺で開版(板)された経巻類をさす。〈春日版〉の名は明治以後に唱えられたもので,鎌倉時代初期に藤原氏の氏神である春日神社に奉献されたところから,この名が出たともいわれる。1行17字詰の楷書(かいしよ)を用いて版式を整備し,使用料紙の質がよく,墨色優秀をもって知られる。毎版面の右すみに開版の年代,寺名,願主,施主,彫工などの名が隠刻されているが,普通は印刷のさい刷りこまれない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かすがばん【春日版】

〔春日神社に奉納されたものが多いところからいう〕
平安末期から鎌倉時代にかけて興福寺で開版された仏典。版が整然として文字は太め、墨色も美しい。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

春日版
かすがばん

平安時代末期から室町時代末期にかけて奈良興福寺で開版された仏典をいう。興福寺版といわず春日版とよぶのは、出版された経典の多くが興福寺の守護明神である春日大社に奉献されたことによる。内容は、学僧の講学に必要な『成唯識論(じょうゆいしきろん)』やその注釈書である。1088年(寛治2)に観増(かんぞう)が開版した『成唯識論』(正倉院聖語蔵所蔵)が刊記の明らかな現存最古のものとして知られるが、ほかにも1213年(建暦3)刊『瑜伽師地論(ゆがしじろん)』100巻をはじめ、多数の経論が出版されている。春日版の版式は、1行の字詰め、文字の書風など、奈良時代以来の写経の形式をそのまま踏襲しているが、この形式は以後わが国の刊経の定型となった。春日版のなかでもことに鎌倉時代のものは質、量ともに優れ、厚様の料紙、漆墨の墨色、力量感にあふれる書風に特色がある。版木はいまも1195年(建久6)の『成唯識論述記』以下多数伝存している。[金子和正]
『大屋徳城著『寧楽刊経史』(1923・内外出版) ▽大屋徳城著『春日版雕造攷』(1940・便利堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の春日版の言及

【印刷】より

… 日本では770年の〈百万塔陀羅尼〉から300年ほどは印刷の記録はなく,現存する印刷物もない。11世紀半ばごろから仏典を中心に印刷が行われるようになったが,ことに奈良興福寺で印刷された〈春日版〉が有名である。平安朝末期から鎌倉時代にかけ,興福寺をはじめとし奈良の諸大寺で盛んに印刷が行われた。…

※「春日版」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone