コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キュウ

デジタル大辞泉の解説

きゅう〔キウ〕【旧】

古いこと。古い物事。「を捨て新につく」⇔
昔。以前。もと。「に倍するお引き立て」「に復する」
旧暦」の略。「の正月」⇔

きゅう【旧〔舊〕】[漢字項目]

[音]キュウ(キウ)(漢) ク(慣) [訓]ふるい もと
学習漢字]5年
現在まで年月を経てきている。昔からの。「旧家旧式旧態旧弊新旧
年が改まる前の。「旧冬旧年旧臘(きゅうろう)
以前の状態。もと。「旧姓懐旧守旧倍旧復旧
昔なじみ。「旧知故旧
陰暦。「旧盆旧正月
[名のり]ひさ・ふさ・ふる

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きゅう【旧】

ふるいこと。ふるい物事。 ↔ 「 -を捨て新につく」
むかし。以前。元。 「 -に復する」
「旧暦」の略。 ↔ 「 -の正月」
接頭語的に用いて、昔の、もとの、古い、などの意を表す。 「 -憲法」 「 -街道」 「 -制度」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

旧の関連キーワードTOTO(東陶機器)古シベリア諸言語旧シベリア諸言語古アジア諸言語旧シベリア諸語ダイハツ工業高知女子大学近大姫路大学先代旧事本紀東北薬科大学はい(蠅)座京王帝都電鉄古アジア族コーチュウ極北諸言語水素添加成美大学旧事本紀原口動物尾道大学

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

旧の関連情報