コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早雲山 そううんざん

2件 の用語解説(早雲山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

早雲山
そううんざん

神奈川県南西部,箱根山中央火口丘の1つ。神山の東斜面に噴出した溶岩円頂丘。標高 1137m。北側には神山の爆裂火口である早雲地獄の噴気孔群がある。ケーブルカーで強羅,ロープウェー芦ノ湖北岸に通じ,展望もよいため,箱根観光の主要コースとなっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

早雲山
そううんざん

神奈川県足柄下(あしがらしも)郡箱根町にある山。箱根火山の中央火口丘の一峰で、神山(かみやま)(1438メートル)の北東方にあり、トロイデ型火山。標高1151メートル。北側の谷の谷頭は旧噴火口の一つの早雲地獄で、水蒸気や硫化水素とともに亜硫酸ガスをも噴出し、噴気の勢いが強い。この温泉を引いて強羅(ごうら)温泉が開けている。箱根登山鉄道の終点強羅からケーブルカーが早雲山へ通じている。[浅香幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

早雲山の関連キーワード芦ノ湖大涌谷神山駒ヶ岳箱根山二子山火口丘中央火口丘箱根小涌谷[温泉]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

早雲山の関連情報