コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

爆裂火口 ばくれつかこうexplosion crater

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

爆裂火口
ばくれつかこう
explosion crater

火山の爆発的な噴火によって生じた火口山体の一部が吹飛ばされ,漏斗状の凹地ができる。マール一種の爆裂火口である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

岩石学辞典の解説

爆裂火口

爆発によって地表の一部を吹き飛ばしてできた火口.主として山腹にできる.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ばくれつかこう【爆裂火口】

火山の爆裂によって山体の一部が爆破された跡の火口。磐梯山ばんだいさんはこの例。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の爆裂火口の言及

【火口】より

…火山体の山頂部にあるものを山頂(中央)火口,側腹や山麓のものを側火口という。ほかに水蒸気爆発による爆裂火口や陥没によるピットクレーターもある。成層火山,楯状火山,砕屑丘(さいせつきゆう)には山頂火口がたいてい見られ,溶岩円頂丘にもまれにある。…

【火山】より

…陸上火山体の分類を表に示すが,以下に形と構造の比較的単純な場合から説明する。
[マール,砕屑丘,溶岩円頂丘]
 爆発的噴火による火山のうち最も単純なものは,マグマと地下水が接触したために起こる爆発により地表にすり鉢状の孔(爆裂火口という)があき,吹き飛ばされた物質が周囲に積もるだけのものである。噴火終了後に地下水が戻って火口湖となる。…

※「爆裂火口」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

爆裂火口の関連キーワード硫黄山(北海道、知床半島)クリュチェフスカヤ火山地獄谷温泉(富山県)クリュチェフ[山]斜里岳道立自然公園アイフェル山地葉山(山形県)エトナ[山]アトサヌプリイワオヌプリカルルス温泉一ノ目潟塚原温泉二ノ目潟三ノ目潟登別温泉一切経山カルルス富良野岳武尊山

爆裂火口の関連情報