コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旬政 しゅんせい

大辞林 第三版の解説

しゅんせい【旬政】

しゆんの際に行われた、天皇が政務を聞く儀式。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅんせい【旬政】

朝政の一つ。毎月1,11,16,21日に天皇紫宸殿に出席して政事をみる。この日公卿はすべて参集する定めで,儀の終了後,宴をたまうのを宴といい,さらに禄をも支給された。《日本書紀》天武5年(676)10月朔日条には旬の字はないが,置酒して群臣に宴を賜ったのが旬政の初見とみなされ,以来平安時代前期までは,旬政はほぼ定日に行われていた。平安時代中期には,二孟旬といって4月1日と10月1日(当日廃朝のときは2日)の年2回となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

旬政の関連キーワード儀式朝政政務