昆明池の障子(読み)コンメイチノソウジ

大辞林 第三版の解説

こんめいちのそうじ【昆明池の障子】

清涼殿の弘廂ひろびさしにあった衝立て障子。表に昆明池、裏に嵯峨野の小鷹狩りの図が極彩色で描いてある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こめいち【昆明池】 の 障子(しょうじ・そうじ)

弁内侍(1278頃)宝治三年正月一五日「こめいちの障子のもと、御湯殿のなげしのしも一間に」

こんめいち【昆明池】 の 障子(しょうじ・そうじ)

清涼殿の広庇(ひろびさし)の北寄りに置かれていた衝立(ついたて)障子。表には昆明池、裏には嵯峨野の小鷹狩の図が極彩色で描かれている。高さ約一・八メートル、横幅約三メートル。こめいちのしょうじ。
讚岐典侍(1108頃)下「たいはん所こんめいちの御さうし、今みれば見し人にあひたる心ちす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android