御湯殿(読み)おゆどの

百科事典マイペディアの解説

御湯殿【おゆどの】

平安時代以後,天皇が毎朝湯あみする湯殿の敬称。平安宮内裏(だいり)の清涼殿では西側北方にあった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

おゆどの【御湯殿】

内裏清涼殿の西庇にしびさしの北にあって、天子が湯浴みをする部屋。 → 清涼殿
「御湯殿の儀式」の略。 「 -は酉の時とか/紫式部日記」
湯浴みや湯をわかすのに奉仕する役。 「 -は宰相の君、御むかへ湯大納言の君/紫式部日記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

お‐ゆどの【御湯殿】

〘名〙 (「お」は接頭語)
① 湯殿、また、湯あみすることを尊んでいう語。
※高倉院厳島御幸記(1180)「御ゆ殿などありて、絹の御浄衣(じゃうえ)めして出でさせ給」
② 宮中にある天子の浴室の敬称。平安宮内裏では、清涼殿の西廂(にしびさし)の北西にあり、切馬道(きりめどう)により連なる。
※小右記‐天元五年(982)三月三日「早朝供御湯殿、有御禊事
紫式部日記(1010頃か)寛弘五年九月一一日「御ゆどのは酉の時とか、火ともして、宮のしもべ、みどりの衣の上に、白き当色(たうじき)着て御湯まゐる」
④ 御湯殿の儀式に奉仕する女官。
※紫式部日記(1010頃か)寛弘五年九月一一日「御ゆどのは、宰相の君、御むかへ湯、大納言の君、湯巻すがたどもの、例ならず様ことにをかしげなり」
⑥ 江戸時代、大名などの入浴に奉仕する女。
※浄瑠璃・源頼家源実朝鎌倉三代記(1781)三「此和子は夫こそ左中将頼家の惣領。お湯殿(ユドノ)の胎内に懐(やどり)給ひし公暁丸」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android