コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御湯殿 おゆどの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御湯殿
おゆどの

御湯殿上」ともいう。禁中の清涼殿中,西廂 (ひさし) の北にある方一間の部屋。飲用に用いる湯を常に沸したり,陰 (かげ) の御膳をととのえたりするところ。浴室ではない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

お‐ゆどの【御湯殿】

湯殿」の尊敬語・美化語。
清涼殿の北西、後涼殿に続く渡殿(わたどの)にある、天皇が沐浴する部屋。
御湯殿の儀式」の略。
御湯殿の儀式に奉仕する女房。
近世、大名などの湯あみに奉仕する女。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

御湯殿【おゆどの】

平安時代以後,天皇が毎朝湯あみする湯殿の敬称。平安宮内裏(だいり)の清涼殿では西側北方にあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

おゆどの【御湯殿】

内裏清涼殿の西庇にしびさしの北にあって、天子が湯浴みをする部屋。 → 清涼殿
「御湯殿の儀式」の略。 「 -は酉の時とか/紫式部日記」
湯浴みや湯をわかすのに奉仕する役。 「 -は宰相の君、御むかへ湯大納言の君/紫式部日記」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone