コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昇汞 ショウコウ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐こう【昇×汞】

塩化水銀(Ⅱ)のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

昇汞【しょうこう】

塩化水銀(II)HgCl2塩化水銀)のこと。1000〜5000倍(0.1〜0.02%)水溶液は器具などの殺菌・消毒に用いる。きわめて有毒。→昇汞中毒
→関連項目甘汞

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しょうこう【昇汞】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

昇汞
しょうこう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の昇汞の言及

【塩化水銀】より


[塩化水銀(II)]
 化学式HgCl2。昇華性があるので昇汞の別名がある。無色の結晶,融点277℃,沸点304℃,比重5.44(25℃)。…

【殺菌剤】より

…これをオリゴジナミーというが,金属塩にも相当強い殺菌効果があることが知られていて,古くから利用されてきた。代表的なものは塩化第二水銀(昇汞(しようこう))で,1809年に組成が明らかとなり,コッホによって殺菌力が認められた。これは16世紀には梅毒の治療に用いられたこともあるという。…

【水銀】より

…血中水銀濃度が上昇し,振戦(震え,とくに手指),口内炎,歯肉炎,精神不安定などの症状がみられる。後者には塩化水銀(I)(甘汞),塩化水銀(II)(昇汞),硝酸水銀(II)などがあり,製造過程や熱処理の過程で蒸気や粉塵を吸入して発症する。症状は金属水銀によるものに加えて,皮膚障害や腎臓障害が強い。…

【農薬】より

…この薬剤は,フランスのボルドー地方のブドウに発生したべと病の防除に卓効を示したことから,ボルドー液の名で一躍有名になった。また昇汞(しようこう)HgCl2も強い殺菌効果を示すが,植物に対する薬害のため,実用化されなかった。しかしこれは1915年以後,有機水銀剤の開発へとつながった。…

※「昇汞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

昇汞の関連キーワード有機水銀中毒高田=荒反応ベルクマンヒスチジンニュートン法定消毒剤人工腎臓硫黄印刷水銀中毒酸化水銀消毒薬腎不全洗浄剤胃洗浄白降汞昇汞水水銀剤標本胃炎別名

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android