コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明一 みょういち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

明一 みょういち

728-798 奈良時代の僧。
神亀(じんき)5年生まれ。法相(ほっそう)宗。大和(奈良県)の人。東大寺学僧として名だかく,弁論にもすぐれた。著作に「金光明最勝王経註釈」などがあり,また「聖徳太子伝」の逸文が諸書につたわる。晩年妻帯し,信望をうしなったという。延暦(えんりゃく)17年3月27日死去。71歳。俗姓大宅

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

明一の関連キーワードアンドレ ブリューネオルテガイガセーローマ没落史観東国輿地勝覧塩原温泉郷関東大震災東廠・西廠希有希有し五来 欣造岡本 健一保田与重郎大明一統志雍州府志中院通冬明一統志陶庵夢憶菊岡検校奈良時代荒木東明殊なり気

明一の関連情報