コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明法勘文 みょうぼうかんもん

1件 の用語解説(明法勘文の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明法勘文
みょうぼうかんもん

奈良・平安時代以降に,明法家が提出した具体的事件に対する擬律書。明法勘状とも称せられる。重大事件に際して,特に朝廷から提出を求められたものから,一私人の法律相談に応じたものまで,すべてこの名で呼ばれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

明法勘文の関連キーワード明法博士氏の長者大口袴功銭地子帳平額漢部松長中原章貞中原基広惟宗氏

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone