コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

検非違使庁 ケビイシチョウ

世界大百科事典 第2版の解説

けびいしちょう【検非違使庁】

検非違使の事務を扱う官署のことで,略して使庁とも称す。その成立についていくつかの説があるが,正確なところは不明である。おそらく弘仁年中(810‐824)に検非違使が創置されて以来漸次整備がすすみ,別当が置かれるようになった834年(承和1)のころ完成したとみるべきであろう。最初左右衛門府内に置かれていたが,864年(貞観6)に市司(いちのつかさ)で使庁の行事を行うこととし,次いで895年(寛平7)に左右衛門府内に左右の使庁を定め,947年(天暦1)に至り左右使庁を統合しもっぱら左庁のみで事を行うことにしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

けびいしちょう【検非違使庁】

検非違使の役所。初め左右二庁があったが、のちに左庁だけになり、左衛門府内に置かれた。使の庁。靫負ゆげいの庁。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の検非違使庁の言及

【検断(撿断)】より

…もと朝廷―国衙の法体系で生まれた概念であろう。 鎌倉時代以降,朝廷では京都は検非違使庁,諸国は国衙が検断に当たるが,国衙の権限は早く守護に吸収される。京都では武家所属の者が当事者でないかぎり,原則として検断は検非違使庁の権限に属し,14世紀末には武家に吸収される。…

【放免】より

検非違使庁(けびいしちよう)で雑用に使われた下部(しもべ)。元来は罪人の釈放を意味したが,使庁が彼らを用いたことからこの名称がおこった。…

※「検非違使庁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

検非違使庁の関連キーワード南北朝時代(日本)検非違使別当検断(撿断)大夫の判官法曹至要抄徳大寺実基著釱の政長洲御厨靫負の庁僕・下部淳和天皇一条能保明法勘文衾宣旨本所法愚昧記令外官平仲兼看督長別当宣

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android