コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明海(1) みょうかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

明海(1) みょうかい

1820?-1863 江戸時代後期の僧。
文政3年?生まれ。真言宗。農家の長男だったが眼病で失明,出羽(でわ)三山の湯殿山信仰にはいる。大日寺の行人(ぎょうにん)として木食,断食の修行をつづけ,文久3年3月5日入定。44歳? 山形県米沢市簗沢(やなさわ)に即身仏として安置されている。俗名は鈴木春次。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

明海(1)の関連キーワードグリュクスボー朝グリュックスボー朝アンペールアングルポッゲンドルフ明海インジェロー大院君ファルコン中島名左衛門

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android