コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明珍恒男 みょうちん つねお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

明珍恒男 みょうちん-つねお

1882-1940 明治-昭和時代前期の彫刻家。
明治15年8月19日生まれ。高村光雲に師事。日本美術院にはいり,昭和10年奈良美術院主事となった。仏像の保存修理にあたり,創作では京都の東寺食堂十一面観音など。古美術の論文もおおい。昭和15年3月18日死去。59歳。長野県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。著作に「仏像彫刻」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

明珍恒男の関連キーワード大庭秀雄清水宏ファッション・ブックアフリカン・アメリカン音楽エリセ斎藤寅次郎島津保次郎新体制運動豊田四郎久松静児

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone