コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明記物件 メイキブッケン

3件 の用語解説(明記物件の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

めいき‐ぶっけん【明記物件】

火災保険の契約において、家財を保険目的とする場合、1個または1組の価額が30万円を超える貴金属・美術品・宝石・絵画・骨董品などのこと。これらについては保険証券に明記して契約する必要があり、明記しないと保険金は支払われない。通常、上限は100万円。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

保険基礎用語集の解説

明記物件

火災保険などにおいて、客観的な保険価額の算定が困難であるなど保険技術上の制約等により、保険証券に明記しなければ保険の目的から除外される物件貴金属、美術品、稿本(本などの原稿)などをいいます。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

明記物件の関連キーワード森林火災保険動物保険普通火災保険保険料率地区率約款(保険)保険金請求権に対する質権設定保険の目的簡易評価