コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明記物件 メイキブッケン

3件 の用語解説(明記物件の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

めいき‐ぶっけん【明記物件】

火災保険の契約において、家財を保険目的とする場合、1個または1組の価額が30万円を超える貴金属・美術品・宝石・絵画・骨董品などのこと。これらについては保険証券に明記して契約する必要があり、明記しないと保険金は支払われない。通常、上限は100万円。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

保険基礎用語集の解説

明記物件

火災保険などにおいて、客観的な保険価額の算定が困難であるなど保険技術上の制約等により、保険証券に明記しなければ保険の目的から除外される物件貴金属、美術品、稿本(本などの原稿)などをいいます。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
保険基礎用語集について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone