コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星川清晃 ほしかわ きよあきら

美術人名辞典の解説

星川清晃

荘内藩士。号は安良居・了雪斎・信僊。鶴岡生。清山の子。鈴木重胤門人。重胤が学敵に佐幕党として暗殺された冤罪を晴らす為、照井長柄と共に重胤の遺書『日本書紀伝』を校合し教部省に進献した。月山・出羽・湯殿神社宮司・権大教正等を務める。狩野派の画に巧みであった。明治27年(1894)歿、65才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

星川清晃 ほしかわ-きよあきら

1830-1894 幕末-明治時代の国学者,神職。
文政13年2月18日生まれ。出羽(でわ)鶴岡藩(山形県)藩士。江戸で鈴木重胤(しげたね)に入門,のち同門の照井長柄(てるい-ながら)らをたすけて重胤の大著「日本書紀伝」を校訂した。明治9年出羽三山神社宮司となり,のち三山敬愛教会などを創始した。明治27年11月11日死去。65歳。初名は賢直(よしなお)。通称は文八。号は安良居(やすらい)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

星川清晃の関連キーワード明治時代国学者

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android