コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

照井長柄 てるい ながら

1件 の用語解説(照井長柄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

照井長柄 てるい-ながら

1819-1889 江戸後期-明治時代の医師,国学者。
文政2年10月15日生まれ。蘭方医を業とし,のち日本古医方に転じ神方流を称した。国学を大滝光憲(みつあきら),鈴木重胤(しげたね)にまなぶ。維新後,横死した重胤の遺著「日本書紀伝」を教部省に献納した。明治22年5月30日死去。71歳。出羽(でわ)鶴岡(山形県)出身。本姓は田村。名は璞平。号は磯前家。著作に「五百津鉏(いおつすき)」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

照井長柄の関連キーワードおらが春石田春律各務文献振鷺亭林国雄渡辺一閃緑岩粗粒玄武岩人情本バジードー

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone