星野 立子(読み)ホシノ タツコ

20世紀日本人名事典の解説

星野 立子
ホシノ タツコ

昭和期の俳人 「玉藻」主宰。



生年
明治36(1903)年11月15日

没年
昭和59(1984)年3月3日

出生地
東京市麴町区富士見町(現・東京都千代田区)

旧姓(旧名)
高浜

学歴〔年〕
東京女子大学高等部〔大正13年〕卒

主な受賞名〔年〕
勲四等宝冠章〔昭和50年〕

経歴
俳人高浜虚子の二女として生れ、大正14年「文学会」の指導的立場にあった星野天知の息子・吉人と結婚。虚子と同じく鎌倉に住み、昭和5年女流俳誌「玉藻」を創刊。9年には「ホトトギス」同人となり、中村汀女と共に女流の双璧の評価を得た。45年脳血せんで倒れて以来、句作と療養の毎日を送っていた。著作に「立子句集」「実生」「玉藻俳話」「大和の石仏」「虚子一日一句」など多数。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

星野 立子 (ほしの たつこ)

生年月日:1903年11月15日
昭和時代の俳人。「玉藻」主宰
1984年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

星野 立子の関連情報