コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星野輝興 ほしの てるおき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

星野輝興 ほしの-てるおき

1882-1957 明治-昭和時代の官吏。
明治15年1月15日生まれ。宮内省図書寮雇,掌典補をへて,大正15年式部職掌典部掌典となる。大正天皇大喪儀,昭和天皇の即位礼の運営にあたった。のち掌典職祭事課長。退職後は日本祭祀(さいし)学を提唱し,その研究につくした。昭和32年10月14日死去。75歳。新潟県出身。著作に「祭祀の本領」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

星野輝興の関連キーワード昭和時代明治官吏

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android