コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

映帯 エイタイ

デジタル大辞泉の解説

えい‐たい【映帯】

[名](スル)色や景色が互いに映り合うこと。映発。
「此女が、なぜ…四辺の光景と―して索寞(さくばく)の観を添えるのか」〈漱石・趣味の遺伝〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

えいたい【映帯】

( 名 ) スル
色彩や情景などが互いに映じあうこと。映発。 「楓葉も来りし日に比すれば、さらに色を増して峰巒に-す/日録 学海

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

映帯の関連キーワード四辺十体学海映発

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android