コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春叢紹珠 しゅんそう しょうじゅ

美術人名辞典の解説

春叢紹珠

江戸後期の臨済宗の僧。妙心寺四百七十世。豊後生。紹珠は諱、春叢は号。11才の時豊後地蔵寺で出家、大休彗昉・霊源彗桃らに歴参ののち遂翁元廬に就いてその法を嗣ぎ、阿波の慈光寺に住す。紫衣を勅許され、山城八幡の円福寺で学徒を教導、のちに妙心寺を昇住した。賜号は大鑑広照禅師。天保6年(1835)寂、84才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

春叢紹珠 しゅんそう-しょうじゅ

1751-1835 江戸時代中期-後期の僧。
宝暦元年生まれ。臨済(りんざい)宗。駿河(するが)(静岡県)松蔭寺の遂翁元盧(すいおう-げんろ)の法をつぐ。阿波(あわ)(徳島県)慈光寺,山城(京都府)円福寺をへて,京都妙心寺の住持となった。天保(てんぽう)6年10月25日死去。85歳。豊後(ぶんご)(大分県)出身。諡号(しごう)は大鑑広照禅師。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

春叢紹珠の関連キーワード耕隠智訓

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android